co.jpドメイン取得ガイドドットコム

法人ドメイン「co.jp」に最適なドメイン取得サービスとレンタルサーバーを徹底解説

法人組織のドメイン名に求められるものは「信頼感」

どの業界・業態であってもビジネスを行う以上、会社のウェブサイトが必要とされます。ウェブサイトと同様にメールアドレスも必須と言えるでしょう。

企業サイト、いわゆるコーポレートサイトは、見込み客や既存客との重要な接点として機能します。コーポレートサイト上に会社概要をはじめとして事業内容や最新情報などを掲載することで、ビジネス活動を行う上でまさに情報発信の土台としての役割を担っているのです。

そして、その企業サイトに用いるドメイン名は非常に大切なものとなります。

なぜならば、ユーザーが企業のドメイン名を目にする場所は、ブラウザのアドレスバーだけではないからです。

独自ドメインとユーザーの接点

  • 自社サイトについて紹介してくれる外部サイト
  • 取引先へ手渡す従業員の名刺
  • チラシ・パンフレット・封筒などの印刷物
  • 看板など宣伝広告用の販促資材

企業として営業活動を継続していく上で、ドメイン名は「会社の顔」ともいえます。

co.jpドメイン取得ガイドドットコムでは、法人ドメインの取得方法から実際の運営方法まで丁寧に解説していきます。

企業サイトに最適なドメイン名は「co.jp」

「co.jp」ドメインを表示するブラウザのアドレスバーのイラスト

会社を起業する過程で、とても重要となる企業サイト制作

企業サイトのデザインも会社のイメージに影響を与えるひとつの要素ですが、ドメイン名も同じように企業イメージの良し悪しを左右する重要な要素のひとつです。

企業サイトのドメイン種類としては「co.jp」を強くおすすめします。

.comなどのgTLDは個人・法人を問わず誰でも登録できるドメイン

ウェブサイトのドメイン名と聞くと多くの人が「.com」「.net」「.biz」などを思い浮かべるでしょう。

.comなどは「gTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)」と呼ばれる種類で、誰でもドメインを登録することが可能です。日本在住・海外在住についても、個人・法人であることについても問われず、文字通り誰でも自由に登録することができるようになっています。

日本で会社を設立するのであれば、ドメイン名でも「日本国内」「法人企業」である点を訴求したいですね。

そう考えると、gTLDは企業サイトにとってのベストなドメイン名ではありません。

キーボードの上に置かれた「gTLD」が書かれている球体の模型
ビジネス向けのジェネリックトップレベルドメイン一覧と解説
ジェネリックトップレベルドメインは、トップレベルドメインの一種でgTLDと略して表記されることが多いです。 .netや.infoが代表的なgTLDだと言われれば、理解しやすいのではないでしょうか。 例 ...

属性型JPドメイン名の取得要件

日本を表すドメインは「JPドメイン名」です。JPは「JAPAN(ジャパン)」の略ですね。

日本国内に住所を持つ組織・個人・団体のみが登録できるJPドメイン名には、いくつかの種類があります。

代表的なJPドメイン名を比較表にしてまとめました。

種類 ドメイン名 取得要件 個数
汎用JPドメイン名 .JP 日本国内に住所を持っていること いくつでも取得可能
属性型JPドメイン名 CO.JP 日本国内で登記を行っている会社 1つの組織で1つのみ取得可能
OR.JP 財団法人などの法人組織 1つの組織で1つのみ取得可能
AC.JP 高等教育機関などの教育機関 1つの組織で1つのみ取得可能
ED.JP 初等中等教育機関などの教育機関 1つの組織で1つのみ取得可能
GO.JP 政府機関など 1つの組織で複数取得可能

住所を持っているだけで取得できる「汎用JPドメイン名」と比較すると、「属性型JPドメイン名」がユーザーに与えるプラスイメージがわかるかと思います。

キーボードの上に描かれた「.jp」の文字
co.jpに代表される属性型JPドメイン名の一覧と解説
属性型JPドメイン名は、合計9つあります。 co.jp:日本国内で登記を行っている営利法人用のドメイン or.jp:非営利法人などが登録できるドメイン gr.jp:任意団体用のドメイン ne.jp:ネ ...

個人事業主はco.jpドメインの取得不可

ジェネリックトップレベルドメインを描いたキューブ

個人では属性型JPドメイン名である「co.jp」ドメインを取得できないことは、すでに説明しました。

ここで浮上してくるのが『個人事業主として開業する場合はco.jpドメインを取得できるのかどうか』という疑問でしょう。

結論から行くと、個人事業主がco.jpドメインを新規登録することはできません。

個人事業主の場合は、ビジネスを連想させる「.com」「.biz」や汎用JPドメイン名(.jp)でドメイン登録しましょう。

co.jpドメインの高い認知度

一般的なオフィス風景

実際にco.jpドメインは、ユーザーに広く認知されています。

JPドメイン名の登録・管理を行っているJPRS(株式会社日本レジストリサービス)の調査によると、「信用して取引したい取引先候補のドメイン名」として「co.jp」を選んだ人は82%にのぼります。

また、上場企業のうち十社に九社がコーポレートサイトのドメイン名にco.jpを用いています。

co.jpドメインの取得の流れ

Webページを表示したPCモニター

すでに説明したようにco.jpドメインは、属性型JPドメイン名の一種です。

co.jpドメインであっても、新規ドメイン登録の基本的な流れはgTLDと同じです。

  1. 希望するドメインの空き状況を確認する
  2. ドメイン取得サービスまたはレンタルサーバーで申し込み
  3. ドメイン登録料を支払う
  4. co.jpドメインの登録完了

場合によっては、登記簿謄本または履歴事項全部証明書の提出を求められることがあります。書類が必要とされた場合は、速やかに送付しましょう。

会社設立前でもco.jpドメインを仮登録できる

co.jpドメインの登録には、便利な「仮登録制度」があります。

これは文字通り『会社設立前に法人ドメイン(co.jpドメイン)を仮で登録しておく』という制度です。

対象は、6ヶ月以内に日本国内で登記予定の法人となります。

仮登録のco.jpドメインであっても、通常のドメインと同じようにウェブサイトやメールアドレスの運用を問題なく行えます。

起業準備の段階でco.jpドメインを仮登録しておきましょう。

co.jpドメインは高額だからこそコスパを意識するべき

ハサミで切断された「COST」と書かれた紙

一般的にco.jpドメインの取得・更新料金は、gTLDと比べて高く設定されています。

例えば、個人運営のホームページでよく利用されているムームードメインでは、下記のように「co.jp」と「.com」の間で2倍以上の価格差が存在します。

ムームードメイン 新規取得料金
co.jp 3,980円
.com 1,480円

co.jpドメインは会社の独自ドメインです。キャンペーンサイト用の独自ドメインと違い、当然、長く運用することを前提にして取得するでしょう。

したがって、2年目以降の更新費用も考慮に入れて、ドメイン取得サービスを決める必要があります。

co.jpドメインの費用面で圧倒的に優位なサービスは「エックスサーバービジネス」です。

レンタルサーバーとワンセットのドメイン登録で料金の大幅割引

ホームページの構成要素を描いた概略図

co.jpドメインを取得する理由は、メールアドレスの運用とコーポレートサイトの公開でしょう。

したがって、co.jpドメインの取得と合わせて、レンタルサーバーが必要となってきますね。

レンタルサーバーとセットになったドメイン取得サービスでは、高価なco.jpドメインを無料・安価に提供している会社もあります。

ポイント

co.jpドメインの大幅割引は、レンタルサーバー料金の割引を受けることと実質的に同じですね。

おすすめのco.jpドメイン取得サービス

企業のウェブ担当者におすすめのco.jpドメイン取得サービス一覧です。

エックスサーバービジネス

【エックスサーバービジネス】「エックスサーバー」の法人向けレンタルサーバー

運用実績150万サイト以上を誇るエックスサーバーの法人向けレンタルサーバーです。企業用の独自ドメイン「co.jp」無料で取得可能。利用中はco.jpドメインの更新費用も無料になります。

エックスサーバービジネスの申し込みで、コーポレートサイトに必要な「法人ドメイン」「レンタルサーバー」「メールサーバー」の全てを用意することができます。

ドメイン co.jp .jp .com .biz
取得 0円 0円 0円 0円
更新 0円 0円 0円 0円

お名前.com

【お名前.com】1円からドメイン登録可能

国内最大級のドメイン登録サービスです。お名前.comレンタルサーバーと同時の申し込みで「co.jp」の新規登録が1円となります。

サポートセンターが充実しており、電話・メールで技術的な質問をすることも可能です。

ドメイン co.jp .jp .com .biz
取得 1円 1円 1円 1円
更新 5,200円 2,840円 1,280円 1,480円

アルファメール

【アルファメール】独自ドメインの取得・更新費が0円

日本国内で最も価格の高い独自ドメイン「co.jp」が取得・更新費ともに0円のホスティングサービスです。

下位プランの「アルファメール2コンパクト」なら、法人向けドメインとレンタルサーバーを月額1,400円で利用することができます。

ドメイン co.jp .jp .com .biz
取得 0円 0円 0円 0円
更新 0円 0円 0円 0円

Copyright© co.jpドメイン取得ガイドドットコム , 2021 All Rights Reserved.