co.jpドメイン取得ガイドドットコム

法人ドメイン「co.jp」に最適なドメイン取得サービスとレンタルサーバーを徹底解説

独自ドメインのノウハウ

法人ドメイン名を決めるときの正しい考え方と失敗しないためのコツ

投稿日:

「co.jp」と書かれたクラウド型の紙を手に持つ女性

会社を起業する際にほぼ必ず準備することになる「法人ドメイン名」

法人ドメイン名は、単にサイトの顔となるだけでなく、立ち上げたビジネスや会社そのものの顔となります。

文字列を安易に決めてドメインを取得してしまい、その後で後悔する経営者・ウェブ担当者もいます。

法人ドメイン名は、会社やサービスの集客に寄与する「名前」でもあります。ウェブサイトはもちろんのこと名刺や封筒にもURLを印字して、時間と労力をかけてユーザーへ認知させていきます。

したがって、法人ドメイン名の取得、コーポレートサイトの立ち上げ後に、ドメイン名の変更を行うことは、得策とはなりません。

ここでは「後悔しない」「失敗しない」ための法人ドメイン名の決め方を解説していきます。参考にしていただき、法人ドメイン名は慎重に取得してください。

希望ドメイン名が空いているかを調査する

ドメイン名を決める上で知っておくべきことがあります。

それは、『すでに誰かに取得されている文字列では新たにドメイン登録することができない』ということです。このことを「先願主義」と呼んでいます。特許権でも採用されている考え方ですね。

したがって、ドメイン名を考えていく過程で、ドメイン名候補が空いているかのチェックを並行して行いましょう。

ドメイン取得サービスで空きドメインをチェックできる

希望するドメイン名を取得可能かどうか、つまり現在のところ誰もそのドメイン名でドメイン登録を行っていないかについては、ドメイン取得サービスのサイト上で簡単に確認することができます。

例えば、co.jpドメインを0円で取得・維持することができるアルファメールでは、下記のような検索窓が用意されています。

アルファメールの「空きドメイン検索」画面

希望の文字列と検索対象のドメインを入力して検索ボタンを押下してください。

例として「domain-service」という文字列で検索してみました。

アルファメールの「ドメイン検索結果」画面

検索結果からわかるとおり「domain-service.com」や「domain-service.biz」などは第三者にすでに取得されているため、新規登録することができません。

「domain-service.co.jp」については『取得可能です』と表示されていますね。これは、まだ誰にも取得されていない独自ドメインであることを意味します。このように空きドメインの場合は、このままアルファメールの申し込み手続きを進めていくことができます。

co.jpドメインの空きをチェックするならアルファメールがおすすめ

法人ドメイン名の空き状況を確認する場合は、アルファメールをおすすめします。

例えば、ドメイン取得サービスのひとつである「エックスドメイン」では、co.jpがデフォルトの検索対象から外れています。必ず確認しておきましょう。

その点、法人利用を想定したアルファメールでは、最初から検索対象にco.jpが含まれていて、なおかつ先頭に表示されるため一目瞭然です。

希望するco.jpドメインを検索しやすいアルファメール

法人ドメイン名のアイデア出しのヒント

ビジネス会議の様子

法人ドメイン名の候補を挙げていく中で、名付け方のヒントをお伝えします。

以下の手順で検討してみてください。

  1. 会社名をそのままドメイン名にする
  2. 企業形態をドメイン名に入れてみる
  3. 単語を分割・省略してみる

会社名をそのままドメイン名にする

真っ先に考えてみることは、会社名をそのまま法人ドメイン名とすることです。

例えば、株式会社ジャパンネット銀行は、英語表記の会社名が「The Japan Net Bank, Limited」となりますが、そのまま「japannetbank.co.jp」というドメインを取得しサービスサイトを運営していますね。

また、東宝株式会社は、「toho.co.jp」というドメインでコーポレートサイトを運営しています。

ユーザーにとって認知しやすくわかりやすいドメインには下記の特徴があります。

  • サイトと合致するドメイン名
  • ドメイン名自体が覚えやすい
  • ドメイン名自体が短い

英語表記の会社名をco.jpドメインとすることで、上記の特徴を全て網羅することができますね。

第一候補として、会社名を英語・ローマ字としたドメイン名を検討してみましょう。

株式会社など企業形態を入れてみる

会社名そのままのco.jpドメインがすでに他社に取得されていた場合、次に「企業形態」を入れることを試してみてください。

企業形態とは会社の種類のことで、主に「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の4種類あります。

例えば、株式会社の場合は、下記の文字列をドメイン名に追加することで、希望するドメイン名を登録できることがあります。

  • kk:株式会社のローマ字表記「Kabushiki Kaisha」の頭文字を取ったもの
  • inc:Incorpratedの略で株式会社を指す

実際に会計ソフトの販売で有名な弥生株式会社のドメイン名は「yayoi-kk.co.jp」となっており、『会社名-kk』の形を取っていますね。

その他、株式会社システムズのコーポレートサイトは「systems-inc.co.jp」となっています。

参考にしてみてください。

単語を分割・省略してみる

最後に検討してみることは、単語を分割もしくは省略してみることです。

  • 分割:ハイフン(-)を使用して前後に分けるなど
  • 省略:例えば単語の頭文字を取り短縮するなど

これにより、わかりやすさを担保したまま、空いているco.jpドメインを見つけることができるはずです。

法人ドメイン名の決め方のコツまとめ

ドメインを新規取得すること自体は難しくありません。co.jpドメインではなく、gTLDであれば数分で取得することができます。

しかし、SEOも含めたサイト集客や、利用者の認知という面では、ドメイン名を頻繁に変更することはマイナス要素しかありません。

コーポレートサイトや会社のメールアドレスという重要な意味合いを持つ法人ドメイン名であれば、なおさら失敗できませんね。

解説したポイントを押さえていただき、利用者の記憶に残りやすく、入力ミスをしにくいドメイン名を付けてください。

おすすめのco.jpドメイン取得サービス

企業のウェブ担当者におすすめのco.jpドメイン取得サービス一覧です。

エックスサーバービジネス

【エックスサーバービジネス】「エックスサーバー」の法人向けレンタルサーバー

運用実績150万サイト以上を誇るエックスサーバーの法人向けレンタルサーバーです。企業用の独自ドメイン「co.jp」無料で取得可能。利用中はco.jpドメインの更新費用も無料になります。

エックスサーバービジネスの申し込みで、コーポレートサイトに必要な「法人ドメイン」「レンタルサーバー」「メールサーバー」の全てを用意することができます。

ドメイン co.jp .jp .com .biz
取得 0円 0円 0円 0円
更新 0円 0円 0円 0円

お名前.com

【お名前.com】1円からドメイン登録可能

国内最大級のドメイン登録サービスです。お名前.comレンタルサーバーと同時の申し込みで「co.jp」の新規登録が1円となります。

サポートセンターが充実しており、電話・メールで技術的な質問をすることも可能です。

ドメイン co.jp .jp .com .biz
取得 1円 1円 1円 1円
更新 5,200円 2,840円 1,280円 1,480円

アルファメール

【アルファメール】独自ドメインの取得・更新費が0円

日本国内で最も価格の高い独自ドメイン「co.jp」が取得・更新費ともに0円のホスティングサービスです。

下位プランの「アルファメール2コンパクト」なら、法人向けドメインとレンタルサーバーを月額1,400円で利用することができます。

ドメイン co.jp .jp .com .biz
取得 0円 0円 0円 0円
更新 0円 0円 0円 0円

-独自ドメインのノウハウ
-,

Copyright© co.jpドメイン取得ガイドドットコム , 2021 All Rights Reserved.